社員BOOTの営業日誌

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://towakaihatsu.blog.fc2.com/tb.php/31-31bf201a

トラックバック

コメント

コメントの投稿
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

土地の種類

2013年12月03日
一般的に不動産の土地を購入しようとすると
土地の種類(地目)がいくつかあります。

・宅地
・山林
・原野
・畑
・公衆用道路
・雑種地

どんな種類でも購入することは可能ですが
用途にそぐわない場合もありますので注意が必要です。

さて今日は種類が畑の場合について
簡単に説明致します。


法律(農地法)の解釈を下記に列記します。

第1条 目的

国内の農業生産の基盤である農地が現在及び将来における
国民のための限られた資源でありかつ、地域における貴重な資源であることにかんがみ
耕作者自らによる農地の所有が果たしてきている重要な役割も踏まえつつ
農地を農地以外のものにすることを規制するとともに、農地を効率的に利用する
耕作者による地域との調和に配慮した農地についての権利の取得を促進し
及び農地の利用関係を調整し、並びに農地の農業上の利用を確保するための措置を
講ずることにより、耕作者の地位の安定と国内の農業生産の増大を図りもって
国民に対する食料の安定供給の確保に資することを目的とする。
「農地法(昭和二十七年法律第二百二十九号)」

日本の領土は島国であることや法律施工時の時代背景から
自分達の食べるものは自分達で作る。
その考えから農地を農地以外のものにすることを
規制するための法律です。


購入した不動産の種類が畑の場合は
「農地転用許可」を申請しなければなりません。
申請には必要な書類を用意して資格を保有している
方に手続きをしていただきます。
購入者の「必要性・緊急性・確実性」が問われます。


伊東には住宅地の真ん中に種類が畑のままで
現状は駐車場のように使われている場所があります。
一見すると畑であるとはわかりません。
購入する際には注意をしてください。



伊豆エリアの土地・建物・別荘など不動産情報のことなら
         東和開発株式会社

www.towa-kaihatsu.co.jp←覗いてみて下さい。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://towakaihatsu.blog.fc2.com/tb.php/31-31bf201a

トラックバック

コメント

コメントの投稿
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する