社員BOOTの営業日誌

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://towakaihatsu.blog.fc2.com/tb.php/27-69f02ae0

トラックバック

コメント

コメントの投稿
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

重要事項の説明続き

2013年11月14日
前回の記事の続きになります。

売買する物件の取扱い説明書が「重要事項説明書」だと
前回お伝えしましたが、物件の調査がとても大切です。
建物を建築もしくは大規模リフォームをする場合には
都道府県庁に申請をしなければなりません。
建築基準法上の道路に敷地が2m以上接道していなければ
新築工事も修繕工事もできません。
以前に調査した中古住宅で再建築不可能という物件が
いくつかありました。
現況は道路に接道しているのですが、道路が私道だったり
接道が1.9mだったり、様々な理由で正常にならないものでした。

現地を見ただけではわからないことを
調べていくことを「調査」と呼び
調査内容を記載して説明することを
「重要事項説明」と呼びます。

ごく一部のみ内容を書きましたが
すべてがとても大切な内容になります。
不動産には全く同じ物件が存在しないので
内容がそれぞれ異なります。
「重要事項の説明」には平均で約3時間くらいです。
不動産販売の手続きの中でとても大切な事なので
時間が掛かるものと覚悟してください。


ホームページに掲載していない物件もあります。
熱海・伊東・川奈・伊豆高原・下田
お気軽にお問合せください。


伊豆の不動産のことなら
東和開発株式会社にお任せください。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://towakaihatsu.blog.fc2.com/tb.php/27-69f02ae0

トラックバック

コメント

コメントの投稿
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する